チワワ専門「ショーグンキッズ」
松嶋ブリーダー
埼玉

かわいいワンコを家族の一員として送り出し
最後まで逃げずに向き合うこと。
それが私なりの“幸せのお裾分け”。

BREEDER STORY ブリーダーストーリー

小さくてかわいいチワワとの出会いが私のブリーダー人生の始まり

STORY 01

松嶋さんがブリーダーを始められたきっかけは?

もともと、ブリーダーになるつもりはなかったんですよ。ただただチワワが大好きで、頻繁にチワワの飼い主のオフ会に参加していましたね。飼っていた子が心配で仕事中もそわそわしちゃうから、退職したくらいワンコにハマっちゃって(笑)。

仕事を辞めてまで!? そもそも、なぜチワワを飼い始めたのですか?

かつてミニチュア・ダックスフンドを飼っていたんですが、亡くなってしまって、一時期ワンコとは距離を置いていたんです。それから数年経って、やっぱりワンコと暮らしたいと思って、ミニチュア・ダックスフンドのブリーダーさんを訪ねました。

その犬舎のミニチュア・ダックスフンドの中に、1匹だけ、白いわたあめみたいなほわほわした子がいたんです。その子がロングコートチワワで、すごくかわいくて。家族に「この子がいい」って伝えたら、主人も娘も「この子がいいと思ってた」って意見が一致したので、迎えることになりました。

一緒に取材に参加してくれた3匹
全て分かっているかのような表情のめぐちゃん

偶然の出会いで、チワワにハマったのですね。なぜ、そこからブリーダーに?

1匹飼い始めてから、そのかわいらしさの虜になって、2匹、3匹と増えていったんです。4匹目に皇志(おうじ)という、小さくてかわいい男の子と出会い、「ドッグショーで評価される子だよ」って言われて、ドッグショーに出場するようになりました。

皇志はショーではなかなか勝てなかったんですが、「お婿さんに来てほしい」って方が多かったんですよ。ある日、ブリーダーの方から「皇志と交配させてください」という依頼が来て、プロの方が言うならと思って交配させてみたら、かわいい子が産まれたんです。その子ども達を見て、私もやってみようかなって。

皇志くんのおかげで、チワワとの関わり方に幅が出てきたのですね。

そうですね。初めて自分で皇志を交配させた時も、すごくかわいい子が3匹産まれたんです。その子達に三英傑の名前をつけたことから、犬舎名を「ショーグンキッズ」にしました。徐々に「皇志の子が欲しい」と言われることが増えていって、そのまま続けてきて、今に至るという感じですね。

この世に産まれてきた命だから
できる限り全うさせてあげたい

STORY 02

ブリーダーを始めた頃は、大変だったのでは?

実は、私が「ブリーダーになりたい」って告げた時、主人は大反対だったんです。命を扱う仕事は楽しいばかりではなくて、辛いこともたくさんあることを、危惧したのでしょうね。なんとか説得したら、主人が「俺がダーティな部分を全部引き受けるから、やってみろ」って言ってくれました。

旦那さんのおっしゃられた「ダーティな部分」とは?

命を生むだけでなく、“死”に向き合うということ。産まれてきても、すぐに亡くなってしまう子がいます。そういう現実の部分ですね。

ブリーダーを始めて二度目の出産で、母犬を失くしたことがあるんです。その時に、私はこんな重い仕事はできない、って思いました。でも、大先輩のブリーダーさんが、「ワンコが亡くなっても平気な人に、命は預けられない。あなただからできるのよ」って言ってくださったんです。

旦那さんも先輩ブリーダーさんも、ステキな言葉をかけてくれますね。

ありがたいです。壁にぶつかっても、助言してくれる人、支えてくれる人がそばにいてくれるので、頑張ろうって思えるんですよね。

そこからブリーダーを続けて、大変なことも多かったのですが、私は1つの命も無駄にしたくないから、できる限り育てようと思って、いままでやってきました。

今年7月に産まれたららちゃんベビー達も、血流障害などもあり、ギリギリの状態だったと、Instagramに投稿していましたよね。

ママのららちゃんを酸素室に入れなきゃいけなくて、ベビー達は人間が面倒を見る必要があったので、私と主人でほぼ24時間お世話してましたね。産後3週間くらいかな。

赤ちゃんの哺乳を、その時の体調に合わせてカテーテルやシリンジで行ったり、大変でしたね。すぐ血色が悪くなったり、低体温になったりして、諦めそうになることもありました。でも、産まれてきた命だから、全うしてほしいんですよね。

ららちゃんベビーは3匹ともすくすく成長しているようで、ホッとしました。ブリーダー業には、命を扱う重みや悲しみが伴うのだと、改めて実感します。

ベビーが亡くなってしまったら、私はそのこともSNSに書きますね。「なんで書いたの?」って聞かれるんですが、その子が産まれてきたことを覚えていてほしいんです。

愛情深い、美人ママのららちゃん
子供を大切に思う気持ちはチワワも一緒
ららちゃんと松嶋さんの愛情で、
今は元気いっぱいのちーたん
今はこんなに可愛く、ママ似の美人さんに

ブリーダーになる時に誓ったこと

「ワンコや飼い主さんから逃げない」

STORY 03

辛い経験を経てなお、ブリーダーを続けている理由は?

私は母性愛が強いので、出産に立ち会うことも、ママと一緒にこどもを育てることも、大好きなんです! ブリーダーは楽しくてしょうがない!

そして、何よりもお客様が喜んでくれることが、私にとっても一番の喜びです。ワンコを迎えてくださった皆さん、「この子を迎えて幸せになった」って言ってくださるんですよ。「ワンコが来てから、家族と一緒に出かけることも増えて、生活が変わった」って。

家族にとって、とても幸せな変化ですね。

そうですよね。最近はあまりできていないのですが、以前はうちの子を譲った飼い主さん達に声をかけて、大きなファミリー会を年2回くらい開いていました。何をやるにも人間関係は大切だから、つながっていたいんですよね。

飼い主さんとも連絡を取り合っているんですね。ブリーダーさんが身近な存在だと、ワンコとの生活も安心して送れそうです。

そうだと思います。
私が飼い主さんだったら、チワワに何かいつもと違う変化があったら、「もしかして病気なのかな?」と不安になって、やっぱりブリーダーさんに相談したくなると思うんです。
補償して欲しいとかではなくて、相談にのって欲しい。
だから、そんな相談できるブリーダーさんが良いなと。

病気のことって素人には判断できないじゃないですか。だから、私はブリーダーを始める時に、ワンコや飼い主さんから逃げることだけは絶対にやめよう。お渡しした後もちゃんと飼い主さんをフォローしよう、と誓ったんです。

私自身、たくさんの周囲の助けがあったから、今こうして大好きなチワワと一緒に、幸せに過ごせています。飼い主の皆さんに“幸せのお裾分け”をさせてもらっている、という気持ちです。

今、絶賛子育て中の雅(みやび)ちゃん
雅(みやび)ちゃんベビー
むっちむちです!

ワンコは人の相棒になることができる動物だと思うから。

STORY 04

松嶋さんが、たくさんの方から信頼されている理由がわかった気がします。最後になりますが、これからワンコを迎える家族にメッセージを。

コロナ禍で家にいる時間が増えて、ワンコを飼い始めたものの、やっぱり大変だからと手放す人が多いという話を聞きました。そういった安易な気持ちでワンコを迎えることは、やめてほしいですね。

家族の一員として迎えて、良き相棒になってほしいです。ワンコは、人の相棒になることができる動物ですから。どうしても手放さなければいけない理由がある時は、それぞれのブリーダーさんに連絡してほしいですが、そうでなければ、家族として大切に育ててほしいなって思います。

最後まで愛嬌たっぷりにサービスしてくれた、アイドルフェイスのこのはちゃん。
たくさんなでなでさせてくれためぐちゃん。

INFORMATION 基本情報

動物取扱業登録番号
販売第64-0165号
見学地住所
埼玉県深谷市
犬舎運営者
松嶋 智子
飼育犬種
チワワ

・ご見学をされたい方へ

まずは見学予約フォームよりお気軽にご連絡ください。
メールにて予定が合う日を調整させていただければと思います。

お問い合わせいただく前に、
必ずご確認いただきたいこと

  • ワンコと過ごす時間を十分に取れる状況、幸せに育てられる環境(住宅)ですか?
  • 新しい家族を迎えることに家族全員の同意は取れていますか?
  • ご家族に動物アレルギーの方はいませんか?
  • 家族として迎える準備、最期の時までそばにいる心の準備や覚悟はできていますか?
  1. TOP
  2. チワワブリーダー
  3. チワワ専門「ショーグンキッズ」松嶋ブリーダー